WiMAXは地下鉄・地下街でもつながるのか

   

WiMAXは地下鉄・地下街でもつながるのか

WiMAXは地下鉄の駅や地下街でも使えるようになってきました。

UQ WiMAXはアンテナの工事を推し進めていて、毎日のように開通情報が届いています。

最新の情報は下記のUQ WiMAX公式ページで見ることができます。

ここで使える!地下鉄・地下駅|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

階段や奥まった場所では使えない場合も

地下鉄の駅や地下街でも使えるようになってきていますが、階段や地下街のお店の奥まった場所ではつながらない場所もあります。

WiMAXが使用している電波は2.5Ghz帯です。この周波数帯が直進性はあるのですが、回り込みには弱くて、物陰や奥まった場所では繋がりにくくなります。ですので、階段付近や奥まった場所では電波状況を確認するといいでしょう。スマホをWiMAX経由の通信にしている場合は、スマホではなくWiMAX端末の電波強度インジケータを確認するようにしましょう。圏外でLINEが着信しないなんてことも考えられるので注意が必要です。

ちなみに、ドコモ・au・SoftBankの携帯やスマホはWiMAXに比べてつながりやすい傾向があります。これは、700~900Mhzの電波を使っているからです。この周波数帯は、障害物があっても回り込みやすい性質をもっているため、階段付近や奥まった場所でもつながりやすくなります。

少し前にSoftBankが「プラチナバンド」でつながりやすくなったと大々的にCMしていましたが、この700~900Mhzがプラチナバンドと呼ばれています。

もし、地下鉄の駅や地下街で待ち合わせをして、LINEなどの通信アプリをWiMAX経由で使う場合は、なるべく中心付近の電波が強い場所で使うといいでしょう。

 - ニュース&コラム