WiMAX通信でスマホ・タブレットのカーナビを使う

      2016/05/09

WiMAX通信でスマホ・タブレットのカーナビを使う

WiMAXは電波の性質上、移動に弱いと言われています。

スマホやタブレットをカーナビとして使う時、WiMAXは支障なく使えるのでしょうか?

実際に使ってみた

と言っても、この記事を書くためにわざわざ使ったのではなく、管理人は日常的に使っています。実は現在、管理人のスマホにSIMカードは入っていません。

ちょうど1年前にドコモを解約してからずっとWiMAX2+をWi-Fi経由で使用しています。ですので、どこに外出するにも常にWiMAX端末を持ち歩いています。車に乗る際も、WiMAX端末をダッシュボードにおいて使っています。

さて、WiMAX経由のカーナビの通信ですが、結論から言ってしまうと、まったく問題ありません。

管理人が乗っている古い軽自動車(ダイハツ・ワゴンR)にはカーナビが付いていません。なので、いつもスマホのカーナビを使用しています。アプリはYahoo!カーナビを使っています。

かれこれ1年くらい使用していますが、WiMAXのエリア内であれば、まったく問題ありません。どうやらカーナビの通信は常時行っているわけではなく、ある程度まとめて通信をしてデータをキャッシュ(一時保存)しているようです。ですので、多少電波が途切れても問題ないようです。

管理人は関西に住んでいるのですが、一度名古屋まで名神高速を使って出かけたことがあります。この時もWiMAXで通信していましたが、高速走行をしていても問題なく使えていました。

エリア外はもちろんつながりません

エリア内なら支障なく使えますが、山奥や田舎などエリア外は当然のごとく使用できません。一度、鳥取県まで行ったことがありますが、内陸の山間部はエリア外のところが多く、カーナビが全く役に立ちませんでした。幸い、友人がドコモのスマホを持っていたので、そちらを借りて難を逃れました。

WiMAXのサービスエリアを見ると、人口密集地でない地域(特に山間部)はエリア外のところが多くあります。スキーやアウトドアなどで、山間部へ多く出かけるという方は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア(もしくはそのMVNO)のSIMがあった方がいいかもしれません。

エリア内ならほぼ支障なし

繰り返しになりますが、エリア内ならほぼ支障なく使えると思います。管理人は1年間ほど使っていますが、エリア内で通信が切れてカーナビが使えなくなったこと、地図のズレが生じたことは一度もありません。

あとは、内陸の山間部にまでエリアが広がるといいんですが、それはまだ先になるかもしれませんね。

 - ニュース&コラム