WiMAXの初期費用について

   

WiMAXの初期費用について

ここではWiMAXを比較する上で大事な初期費用についてご紹介します。

キャッシュバックが多いのに初期費用が結構かかるから結果全くお得じゃなかったなんてことの無いように、契約にかかる初期費用が何があるのか、各プロバイダーは初期費用はどれくらい割引してくれているのかを確認するようにしましょう。

WiMAXは2年契約のFlat ツープラスギガ放題が高速通信・容量制限なしの特徴をもっとも活かせるのでおすすめのコースです。今回はこのFlat ツープラスギガ放題について契約時にかかる費用を検証していきます。

初期費用(登録手数料)

まず、WiMAXを利用する為には、初期費用(登録手数料)というものがかかります。

現在はほとんどプロバイダが横並びの3,000円となっていて初期費用(登録手数料)ではほとんど差がありません。

  • GMOとくとくBB : 3,000円
  • UQ WiMAX:3,000円
  • so-net WiMAX : 3,000円
  • BIGLOBEWiMAX : 3,000円

かつては、初期費用を0円にしているプロバイダもあったのですが、最新のキャンペーンでは初期費用は一律3,000円で特に差がありません。

端末代金

端末代金に関しては、どの端末を選ぶかによっても変わってくるため、最新機種を選んだ場合で比較します。WiMAXは基本的に2年契約となります。2年間使うことになるので、古い機種よりも性能が優れる最新機種をおすすめします。

今回は最新機種であるWX02(NEC)およびW02(ファーウェイ)を選択した場合です。

  • GMOとくとくBB : 0円
  • UQ WiMAX:2,800円
  • so-net WiMAX : 0円
  • BIGLOBEWiMAX : 0円

UQ WiMAXが2,800円必要ですが、それ以外はゼロ円で横並びです。少しでも安くしたいという方はUQ WiMAX以外を選ぶといいでしょう。

クレードル

クレードルとは、端末を載せる台のことです。クレードルとは日本語に訳すと(ゆりかご)といいます。電源コードを接続するすれば、載せるだけで充電できます。

また有線LANのジャックが付いているので、有線LANを使ってネットワークを組む場合、クレードルは必須です。

端末を挿しこむだけで充電できますので、便利と言えば便利ですが、安さを追求するならば別になくてもいいでしょう。

  • GMOとくとくBB : 実質5,650円(クレードルありなしでキャッシュバック金額が異なる。その差額分。)
  • UQ WiMAX:2,000円
  • so-net WiMAX : 2,750円
  • BIGLOBEWiMAX : 4,450円

クレードルは各プロバイダによってかなり差があります。クレードルが必要な場合は考慮する必要がありそうです。また、ちょっと裏ワザになりますが、クレードルなしで購入して、Amazonで別途クレードルだけ購入するという方法もあります。

Amazonで販売中のクレードル

送料

端末を発送する際に通常は送料がかかります。しかしキャンペーンの場合、無料のプロバイダーがほとんどです。

  • GMOとくとくBB : 0円
  • UQ WiMAX:0円
  • so-net WiMAX : 0円
  • BIGLOBEWiMAX : 0円

送料については特に気にする必要はないようです。

初月利用料

忘れがちなのが、初月の利用料金です。初期費用と共に初月に発生する料金のため、プロバイダーによっては割引しているところもあるので、比較してきます。

  • GMOとくとくBB : 0円
  • UQ WiMAX:3,696円の日割り(1日あたり132.3円×日数)
  • so-net WiMAX : 0円
  • BIGLOBEWiMAX : 0円

UQ WiMAXのみ、初月費用が日割り計算で必要となります。他はすべて無料となっています。

まとめ

WiMAXのの契約でかかる初期費用は以上です。

UQ WiMAXは本家だけあって強気でやや割高になりますが、それ以外はクレードルを除けばほとんど差がありません。初期費用よりもキャッシュバックで差がつくようです。

お得なプロバイダを選ぶには、初期費用を含めた2年間の支払総額を計算して、そこからキャッシュバック分を引いて計算するのが分かりやすいでしょう。

管理人がおすすめする4つのプロバイダについて比較表を作成してみましたので、参考にしてみてください。

WiMAXプロバイダ比較表

 

 - ニュース&コラム