光回線に切り替えた理由は引越&外でもPC作業をするでした【管理人の場合1】

      2016/04/13

安くて条件の良いアパートに引っ越したのですがで光回線がありませんでした

私は、WiMAXを使用する前は「フレッツ光のマンションタイプ」を使用していました。
そして、約3年前ですが、一念発起して会社をやめ、独立しました。そして同時に引越をしました。

独立直後は収入も安定しないと思ったので、できるだけ安いアパートを探しました。
いろいろと探して、ちょっと古いですが家賃も安く、日当り良好ないい物件を見つかり、そこに引越しました。

私の仕事はホームページを作成する仕事なので、インターネット回線は必須です。
そして仕事がら大きなデータを送受信する機会が多いのでできるだけ速い回線が必要でした。

しかし、そのアパートは古くて光回線は引かれていませんでした。また部屋が4部屋しかないということで、マンションタイプは適用されず、もし光回線を引くとしたら戸建住宅と同じ条件でした。戸建て住宅の場合、新規で光回線を引くと結構な費用が発生します。引越などでお金を使っていたので、節約しようと光回線は諦めることにしました。

外でPC作業をすることもある

基本的にはデスクトップPCで、室内で仕事をするのですが、たまにお客様と打ち合わせをしたり、外出先のノートパソコンで作業をすることが必要でした。
スマホを持っているのでディザリングによりインターネット接続も可能ですが、7GBという制限が気になっていました。

そこで、 主回線としても使えて、外出先でも接続できるモバイルルーターを検討することにしました。候補に上がったのはイー・モバイル(現在はY!モバイル)とWiMAXです。しかし、イー・モバイルは7GBの制限があったので候補から外れました。実は会社をやめる前、業務で1ヶ月にどれくらいの通信をするのだろうかと調べていました。そうしたところ10~20GBあったので7GBではどんなに節約しても足りないだろうと思いました。また、通信量を気にしながら仕事をするのはなんか非効率的だと思いました。

結果として残ったのがWiMAXです。WiMAXは通信量が無制限で通信速度が最大で40MBくらいでした(忘れてしまいましたが3年前はそれくらいだった気がします)。また、自分の住んでいる地域は使用可能なエリアに入っていたので、WiMAXを検討することにしました。

ちなみ、通信速度ですが、会社で使っていた回線は固定IPの専用線で90MBぐらいの速度が出ていました。また、自宅のフレッツ光は最大100MBでしたが、実際は15~30MBくらいしか出ていませんでした。しかし、特にストレスも感じず、大きな動画(ここだけの話ちょっとエロ系も)もサクサクダウンロードできました。

WiMAXの場合、最大40MBですが、実際は10MBくらいかなと予想しました。光回線より遅いですが、まぁこれくらい出てれば問題ないかなと思いました。

【追記】この記事は「WiMAX」当時のものです。現在は「WiMAX 2+」になっているので、速度はもっと速くなっています

WiMAXについていろいろ調べる

WiMAXについて、いちばん気になったのが通信速度と電波がつながるかどうかでした。ネット上で口コミや使用レポートなどを検索していろいろと調べました。しかし、条件によってかなりバラつきがあるようで、結局安定してどれくらいの速度が出るのかがわかりませんでした。はて、どうしようかと思っていると、ふと「トライWiMAX」というサービスをみかけました。これは15日間WiMAXを無料でお試しできるというサービスです。これなら通信速度や電波の強さなど、実際の使用感を確かめることができると思い、早速申し込むことにしました。

 - 管理人の場合