プロバイダを乗り換えました

      2016/10/13

プロバイダを乗り換えました

管理人は2年間、UQ WiMAXを使用してきましたが、2年契約が切れるためプロバイダを乗り換えることにしました。

前回、UQ WiMAXを選んだのは、本家は本家ゆえに他のプロバイダ(MVNO)より通信が安定していて速いのではないかと考えたからです。他にも安いプロバイダはありますが、安い分、ユーザーが集中し混雑して遅くなるのではと推測しました。

しかし、2年間の間に色々調べた結果、実はプロバイダ間の差はほとんどないことがわかりました。基本的にはUQ WiMAXの回線をそのまま借りて使っているため、仮に混雑するにしても特定のプロバイダが遅くなるわけではなく、WiMAX全体が遅くなるはずということがわかりました。

回線の品質に差がなければ、安いに越したことはありません。そんなわけで今回は業界最安の「GMOとくとくBB」(以下とくとくBB)を選びました。

更新月になったら速攻申し込みました

UQ WiMAXは利用開始後26ヶ月目が更新月となっています。この更新月内であれば、解約費用はかかりません。また、月額料金は解約日までの日割り計算となります。

そして、新たに契約する「とくとくBB」は最初の1ヶ月が無料となっています。

ということは、1ヶ月目が無料であるとくとくBBをなるべく早く開始して、UQ WiMAXをできるだけ早く解約した方がお得になります。ですので、更新月の6月に入ったら速攻でとくとくBBを申し込みました。

とくとくBBはいつも最安のプロバイダです。(詳しくはこちらの比較表をご覧ください

とくとくBBの申し込み

6月1日にとくとくBBを申し込みました。

機種はWX02のホワイトを選びました。W02と迷いましたが、それぞれを実際に使ってみて、WX02の安定性の高さ、薄くて軽い点、バッテリー交換ができる点に魅力を感じて選びました(詳しくはこちらの記事をご覧ください

とくとくBBは申し込み後、出荷状況をメールで連絡してくれます。通常、出荷までに4営業日かかるそうですが、そのとおりに4営業日かかって、6月7日に届きました。

UQ WiMAXを解約

とくとくBBのWX02が届いて、接続の確認をしたら、まずUQ WiMAXを解約しました。

UQ WiMAXの解約は電話一本で終わりました。解約する日付を選ぶことができますが、もちろん最短の当日にしました。当日の24時まで使用でき、翌日からもう使えなくなるとのことでした。丸2年使ったのですが、最後の手続きがとても簡単だったので少し拍子抜けしました。

UQ WiMAXは使った分の7日間分のみの支払いで済みました。

Wi-Fiの設定を行う

UQ WiMAXの解約手続きを行ったあと、新しいWX02のWi-Fi接続設定を行いました。ノートパソコン、スマホ×2台、PS3の設定を行いました。

クレードルを購入したので、デスクトップPCとは有線接続になりました。HWD14はクレードルがなく、有線接続ができませんでした。やはり有線LAN接続の方が安定しています。こころなしか速度も速いような気がします。

とても快適になりました

プロバイダが変わったのですが、安定性はまったく変わっていません。「本家UQ WiMAX」も「とくとくBB」も使い勝手はまったくいっしょです。

一番変わったのが端末の変化です。HWD14からWX02に変えて薄く・軽くなりました。また、4×4 MINOによる220Mbpsに対応しているので通信が速くなりました。と言っても実際は最大で30Mbpsくらいです。それでもHWD14の時は最大で10Mbpsだったのでかなり速く感じます。

WX02とHWD14の厚さの比較

WX02(左)とHWD14の厚みを比較。約半分くらいの薄さになりました。

もっとも、管理人の場合は、日常的に3日3GB制限を超えているので、実際はずっと5Mbpsの速度制限がかかった状態となっています。しかし、同じ制限状態でも、HWD14の時は2~3Mbpsしか出ていなかったのに対して、WX02では4.9Mbpsとか、5Mbpsの制限ギリギリの速度が出ています。以前に比べると2倍になったのでかなり快適になりました。

まとめ

今回、プロバイダの乗り換えをすることによって、月額料金が1,000円も下がることになります。料金は下がりますが、端末が新しくなった恩恵もあって、更に使いやすくなりました。

乗り換えは大成功で、満足度は100%です。

ただし、まだとくとくBBの「キャッシュバック受け取り」という重要な手続きが残っています。これを逃すと逆に割高になってしまいます。管理人の場合、来年の4月が受け取り月なので、逃さないようにカレンダーやスケジュールに登録しまくっておきます。(とくとくBBの乗り換えについてはこちらをご参照ください

WiMAXは2年ごとにプロバイダを乗り換えるのがお得です。これから乗り換えを予定している方はこちらの比較表を参考にしていただき、お得に乗り換えてみてくださいね。

 - WiMAXを使う